解体工事 抵当権

解体工事 抵当権

解体を計画している建物に、抵当権が付いている場合。


借入金を既に、完済されているのであれば、
抵当権者の同意得ることで解体が可能になります。


抵当権とは、借入金の担保として建物
に登記された権利のことです。

借金の完済をしていない状態で、
担保である物件を壊した場合は、
他人の権利を勝手に奪うことになります。

大きな問題になる場合が、あるので
謄本でまずは、抵当権のあり無しを確認します。


|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|